" />

加算関係

【介護報酬改定2021】褥瘡マネジメント加算の改定点は?【介護老人福祉施設】

スポンサーリンク

 

こんにちは。いたちです。

 

 

褥瘡マネジメント加算、みなさんの施設では算定されているでしょうか?

 

 

僕の施設では算定していません。

 

 

今回の改定でも、この褥瘡マネジメント加算の見直しがされています。

 

 

今日は、この褥瘡マネジメント加算の改定点を書いていきたいと思います。

 

 

【介護報酬改定2021】褥瘡マネジメント加算の改定点は?【介護老人福祉施設】

 

 褥瘡マネジメント加算等の見直し

〇 褥瘡マネジメント加算(介護医療院は褥瘡対策指導管理)について、介護の質の向上に係る取組を一層推進する観点から、以下の見直しを行う。

 

・計画の見直しを含めた施設の継続的な取組を評価する観点から、毎月の算定を可能とする(介護医療院を除く)。

 

・現行の褥瘡管理の取組(プロセス)への評価に加え、褥瘡の発生予防や状態改善等(アウトカム)について評価を行う新たな区分を設ける。その際、褥瘡の定義や評価指数について、統一的に評価することが可能なものを用いる。

 

・CHASEへのデータ提出とフィードバッグの活用によるPDCAサイクルの推進・ケアの向上を図ることを求める。

 

 

褥瘡マネジメント加算の改定点

 

現行 加算/減算名 単位数 算定要件内容
褥瘡マネジメント加算 10単位/月 別に厚生労働大臣が定める基準に適合しているものとして都道府県知事に届け出た指定介護老人福祉施設において、継続的に入所者ごとの褥瘡管理をした場合は、3月に1回を限度として算定する。

 

改定後 加算/減算名 単位数 指定要件等
褥瘡マネジメント加算

(Ⅰ)

3単位/月 以下の要件を満たすこと。

 

イ 入所者等ごとに褥瘡の発生と関連のあるリスクについて、施設入所時等に評価するとともに、少なくとも三月に一回、評価を行い、その評価結果等を厚生労働省に提出し、褥瘡管理の実施に当たって当該情報等を活用していること。

 

ロ イの評価の結果、褥瘡が発生するリスクがあるとされた入所者等ごとに、医師、看護師、管理栄養士、介護職員、介護支援専門員その他の職種のものが共同して、褥瘡管理に関する褥瘡ケア計画を作成していること。

 

ハ 入所者等ごとの褥瘡ケア計画に従い褥瘡管理を実施するとともに、その管理の内容や入所者等ごとの状態について定期的に記録していること。

 

ニ イの評価に基づき、少なくとも三月に一回、入所者等ごとに褥瘡ケア計画を見直していること。

 

褥瘡マネジメント加算

(Ⅱ)

13単位/月

 

褥瘡マネジメント加算(Ⅰ)の算定要件を満たしている施設等において、施設入所時等の評価の結果、褥瘡が発生するリスクがあるとされた入所者等について、褥瘡の発生のないこと。
褥瘡マネジメント加算

(Ⅲ)

10単位/月 現行の加算を算定する事業所への経過措置を設定。

※令和4年3月31日まで算定可能。

 

※加算(Ⅰ)(Ⅱ)は併算不可

 

まとめ

 

改定内容は、要件を満たせば毎月算定できるといったものでした。

 

 

毎月じゃなくて毎日であれば、算定に踏み行っていましたが、今回も僕の施設では算定しません。

 

 

僕の施設の看護師は褥瘡に対しての意識が高いので、加算どうこうではなく、安心できます。

 

 

計画作成等の手間が増えるのであれば、より入居者に関わってもらえた方が良いですからね。

 

 

今回は、褥瘡マネジメント加算の改定内容について書きました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

あなたのみちしるになりますように。

 

栄養マネジメント強化加算の改定点はこちらからどうぞ。

関連記事
【介護報酬改定2021】栄養マネジメント強化加算全員算定できる?【介護老人福祉施設】

こんにちは。いたちです。介護老人福祉施設や介護老人保健施設で算定できる、栄養マネジメント加算が今回の改定後より廃止になります。基本報酬に加算されることにより、入居者の栄養面のマネジメントが当たり前になります。

続きを見る

スポンサーリンク

-加算関係
-

© 2021 かいごのみちしるべ Powered by AFFINGER5